煙台東城薬業有限会社!
株式コード:002675
煙台北方製薬有限会社
あなたの現在の場所:トップページ >> 関連子会社

 煙台東誠北方製薬有限公司は1993年2月に成立され、登録資本は5000万元人民元、企画敷地面積は300ム、既に150ムを起用され、煙台東誠薬業集団股份有限公司の全額資本子会社。2012年5月に、煙台東誠生化股份有限公司及び所属子会社が深セン証券取引所で成功上場しました。   

 会社は今主に凍結乾燥粉末注射剤(ホルモン類を含む)と小容量注射剤を製造しています。今17品種、30個製造承認番号を取得しました。主な製品は注射用デフィブラーゼ(defibrase)、注射用注射用HMG 、注射用HCG、注射用メチオニンビタミンB1、注射用レボカルニチン、注射用コハク酸ヒドロコルチゾンナトリウムです。

 

 

     会社はずっと品質をトップに位置して、GMPの徹底を高度重視し、そしては2001年、2005年と2010年中国GMP認証を取得しました。同時に会社が完全なGMPに規定される各要素の管理システムを構築しました。定期GMP自己検査や生産設備安全検査を行い、製品の品質を確保しています。ハード面について、、アメリカ制液体クロマトグラフ、日本制液体クロマトグラフと総有機炭素分析機械、国産先進的なガスクロマトグラフ、原子吸光分光光度計、紫外分光光度計、水分の測定計、スイス梅特勒の精密電子日平等を含めて、先進な検査機械が完備しています。

 

 

    会社は創立して以来、ずっと積極的に人材の導入と育成を取り組んで、新薬の研究と制品の品質に専念する。会社は各種社会保険を払い、有給休暇、祝日補助、誕生日プレゼント、交通と宿泊手当、定期的に社員旅行、各種体育活動。今は社員120人をもって、その中に専門学校以上80%を占め。技術従業員と品質検査従業員の学歴が大学以上、技術タイトルを持って、会社技術と品質検査の実力が強い。集団公司研究開発センターの強い研究力により、新製品の開発と導入をして、会社が発展し続きます。

  会社は発展のために、4.77億元を投資して新版GMP認証に合う現代化薬品製造工場を建設しました。投入生産すると、①年間生産注射用HCG1493 万本、注射用コハク酸ヒドロコルチゾンナトリウム1000万本、注射用HMG120万本凍結乾燥粉末注射剤 ②年産3000万本ヘパリンナトリウム注射液、年産2500本の硫酸軟骨素注射液2500万本 ③年産グルコサミン塩酸塩コンドロイチン硫酸5億錠、シトクロムC錠は1.25億錠 ④年産健康食品コンドロイチン硫酸グルコサミンカプセルという生産能力を持っています。新工業団地全部投入生産すると、営業利益は182405万元と予測されています。

  今まで、新工場は第一段階工事は既に計画とおりに全部完成しました。生産エリアは敷地面積10万平方メートル、建築面積3.24万平方メートル、中国のGMP審査認証に合格しました。2014年5月に正式生産が開始します。

 

お問い合わせCONTACT US
0535-6391521
Tel:86-535-6391521/6391522
E-mail:zxu@dcb-group.com
Add:山東省煙台市開発区長白山路7号
COPYRIGHT 2014 煙台東城薬業有限会社 版権所有